« マンゴーのお寿司? | トップページ | いよいよ架設 »

東京タワ-の1.5倍の重さ(6,000トン)

東京湾臨海大橋のトラス桁架設がいよいよ始まります。

江東区有明の有明作業ヤードと千葉県富津市の富津作業ヤードで作っていたトラス桁が9月5日(土)より浜出しを開始し、架設されます。

このトラス桁は重さ6,000トン(長さ232m×幅24m×高さ35m)の超巨大な物で、東京タワーの1.5倍と聞けばびっくりです。

この巨大なトラス桁を大型起重機船《「海翔」(4,100トン吊級)、「第50吉田号」(3,700トン吊級)、「武蔵」(3,700トン吊級)》の3隻で一括架設するそうです。

この起重機船、有明作業ヤードに停泊しており、京葉線、首都高速湾岸線から見ることができます。

起重機船も日本最大級ですが、海上輸送する台船も24,000トン級(36m×140m)の超大型です。

実施日 ①平成21年9月 5日(土) 有明作業ヤードでの浜出し
      ②平成21年9月 9日(水) 中央通防波堤側トラス桁架設
      ③平成21年9月15日(火) 富津作業ヤードでの浜出し
      ④平成21年9月20日(日) 若洲側トラス桁架設

一般の方も若洲海浜公園見学会場で見学することが出来るそうです。

事前申し込み不要の無料公開となっており、車で行くことも可能です。
ただ、若洲海浜公園は、現在この工事の為、駐車場が狭くなっており駐車できなくなる可能性もありあります。ご注意下さい。

ちょうど20日は日曜日ですので、是非、見学されてみてはいかがでしょか?

http://www.takashiba.com  高柴歯科

|

« マンゴーのお寿司? | トップページ | いよいよ架設 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワ-の1.5倍の重さ(6,000トン):

« マンゴーのお寿司? | トップページ | いよいよ架設 »