旅行・地域

東日本大震災ボランティア活動

9月17日~19日まで宮城県石巻市雄鹿半島鮎川地区の震災ボランティア活動 
に参加してきました。

川崎市歯科医師会の会員、会員のスタッフ、知人等、総勢47名でのボランティア活動でした。

現地に向かう途中に、津波が襲った生々しい被害の跡を見た時には、言葉をうしないました。

活動を行った鮎川地区は震災から6ヶ月経った今でも、おおまかなガレキこそは撤去されてはいるもののかなり復興の遅れが見受けられるとされている所でした。

現地では、他のボランティアさん達と協力して流されてきた材木や倒れた木々、倒壊した家屋の残骸等のかたづけを
行いました。Dsc01646_r

今回は、歯科医師として医療を行ったのではなく、一般ボランティアとして文字通り自分の力を使っての活動でした。

一人一人の力は本当に小さいものですが、知らない人同士でも力をあわせることにより大きな力となるということを本当に実感しました。

そしてまた、こんなに大勢でなくては運べないものが、一瞬で流されてきたという自然の力の強大さ、脅威を感じました。

今後もこのような活動を組織的に継続的して行っていく事が、本当に大切だと心から思いました。
私も個人としても続けていきたいと思っています。

http://www.takashiba.com  高柴歯科

http://www.takashiba-shika.com  高柴歯科

| | トラックバック (0)